家を建てるときの着工から完成までの流れガイド

家を建てるときの着工から完成までの流れガイド

着工する前の注意点

家を建てることを考え、土地を探し、資金を準備し、
土地を購入し、間取りのプランニングをし・・・
と、たくさんのハードルを乗り越えて、
ようやく着工を迎えるわけです。

 

やっと思い描いていた家が形になりますが、
この段階で、必要な手続きを済ませておかなければ、
後々トラブルになってしまうこともあります。

着工後のトラブル

・こんなはずじゃなかった

 

仕様を細かく決めずに工事に入ってしまい、
後になって「こんなはずではなかった」と揉める・・・、
これは、着工後に最も多く起こるトラブルです。

 

引越し時期との兼ね合いなどにより、
着工を急いでしまうがあまり起きてしまうことが多いようです。

 

住宅会社が「とりあえず着工し、
仕様は追々決めましょう。」と言うと、
「そんなものか」と応じてしまったりします。

 

ですが、後になって「もっとゆっくり選びたかった。」、
「こんなはずじゃなかった。」と後悔したり、
仕様を改めて決めている間に完成が遅れたり、
見積もりをオーバーしてしまうということもあります。

 

このようなトラブルを防ぐためには、
細かい部分、たとえばクロス等も、
事前に詳細を決定してから着工することが必要です。

 

建物の周囲の事も、後でいいかな?
と思ってしまいがちですが、外構の予算もあらかじめ
キチンと確保しておくことが必要ですから、
しっかり決めてから着工しましょう。

近隣住人とのトラブル

工事中は騒音が出たり、人が多く出入りしたりします。

 

ご近所に落ち着かない思いをさせてしまうことになるので、
施工会社と一緒に挨拶に行きましょう。

 

施工会社の人と一緒に挨拶に行く事により、
工事の大まかな日程と、騒音が出そうな時期を伝える事もできます。

 

また、工事によって車や人の流れを変えてしまうことが考えられるときは、
少し離れた家にも事前に挨拶にいきましょう。